2011年06月28日

夏季限定販売ほうれん草そうめん

季刊誌「住む」夏号が出ました。

DSCF7231.jpg

特集記事は「自然の恵み 手の力」で、またしてもため息の連続。

DSCF7232.jpg

原発事故や放射能、節電が日常の言葉になってしまった私たちの暮らし。
まさに私たちが電気を湯水のごとく使い、資源を無駄にしない循環の暮らしを忘れたため、ともいえます。
今一度、丁寧な暮らしに挑戦したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今号の「風土倶楽部のおすそ分け」は、国立市谷保の新名物ほうれん草うどんです。
みつばち百花の活動を昨年から、国立市のNPOと連携して行っているうちに出会ったとてもユニークな商品です。

DSCF7233.jpg

国立市で一番生産量が多い冬場のほうれん草をパウダー状にして練りこんだのがほうれん草うどんです。1把で1日の野菜摂取目標350cの19%に相当し、ビタミンAは、茹でてもちゃんと残っているそうです。
都市では、なにかと肩身の狭い農地。どんどん宅地化されていくけれど、私たちの大切な食を支えているのはまぎれもない農地と、つくってくれる人がいるからこそ。そんなことを気づかせてくれるほうれん草うどんなのです。詳細は、記事をぜひ読んでくださいね。

DSCF7274.jpg

風土倶楽部では、夏季限定で販売中のほうれん草そうめんと、桜の葉のパウダーを練りこんだ桜そうめんの2種をネットショップで販売を開始しました。
暑い夏をほうれん草そうめんで乗り切りましょう!

お買い求めはこちらへ。


posted by fudo at 09:39| 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

黄金さんま缶が大人気!

昨日から、黄金さんま缶のご注文を相次いでいただいています。
どうしたのかしら…と思っていたら、ラジオの「荒川強啓デイ・キャッチ!」で紹介されたそうです。

東京朝市でもファンが徐々に増えていて、持参していないと「ないの?」と聞かれるし、置いていると「これ、美味しいのよね」という方がおられます。
そのたびに八木澤商店さんで最初に出会ったときに「おお!これは!」とすぐに販売を決めた自分の舌に「よし、よし」なんて思ったりして(笑)

仕事で地方を回っていても、なかなか「これは!」というものには出会えません。でも、最近、岩手県紫波町で「!」というのに出会いました。今度、ご紹介しますね。でも、今のところ、現地に行かないと入手できません。だから、よりおいしく感じるというのもありますよね!

posted by fudo at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

美味なる缶詰め黄金さんまをパスタに

「油屋ごはん」の著者の青木絵麻さんとはご近所友だち。時折、「これ、食べてみて…」と物々交換しています。先日は、飛び切りおいしいカレーをいただいたので、お返しに黄金さんまの缶詰めを差し上げたところ、こんなにおいしそうな蕎麦パスタの具に変身!

油屋ごはんのブログへどうぞ。
おいしいお店の紹介やレシピ情報が満載です。

「油屋ごはん」の本もお薦めです。




昨日は山梨市の金井醸造場 Caney Wineさんの葡萄の収獲のお手伝いに行っていました。

2009_0917yamanashi0022.jpg

化学肥料も農薬もなし(ボルドー液のみ使用)という葡萄園の土はふかふか。金井さんご夫妻と葡萄の木ががんばった成果を一つずつ丁寧にチェックしながら収獲をしました。
ワインになる日が待ち遠しいです。
少し早いお知らせですが、10月24日に表参道で開催されるブラウンライスさんの収穫祭にご夫妻で参加されます。ぜひ、味わってみてください。もちろん風土倶楽部も参加します。詳細はまたあらためてお知らせさせていただきます。

2009_0917yamanashi0013.jpg

posted by fudo at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ミニトマト6種類詰め合わせセットのご案内

先日、こちらでご紹介した岩手県遠野市の遠野ファトリアのミニトマトを「食べてみたい!」とリクエストをいただきましたので、詰め合わせセットをご案内することになりました。

tomatopack.jpg

6種(各種200g)詰め合わせセット 3200円(送料・税込み)

上段左から

2009_0803katashina0018.jpgNo.1 スノーベリートマト
レモン色のジューシーなトマトです。



tomato2.jpgNo.2 ぷるるんトマト
新品種で皮がやわらかく、口の中でトマトがほどけていく・・・そんな今までになかった新食感のトマトです。まだ、ほとんど栽培されておらず、とても珍しいものです。



2009_0803katashina0010.jpgNo.3 チェリーゴールドトマト
オレンジ色のほおずきのようなトマトです。甘さがくっきり!


下段左から

P1010215.jpgNo.4 ブラックチェリートマト
大人のトマトといった色合いですが、味はさわやか!





2009_0803katashina0004.jpgNo.5 ときめきトマト
いちご?ハート?形のかわいさが際立っています。
お皿の上で食卓を一層楽しくしてくれます。


tomato5.jpgNo.6 グリーンゼブラ
ミニトマトの中でも大きな青いトマトで、味はさっぱりしています。
スライスして、新鮮な野菜と混ぜてサラダにどうぞ。


敬老の日のプレゼントやパーティに、ぜひ、ご利用ください。
旬のおいしさをお届けしたいので、ご注文の受付は9月15日までとさせていただきます。
いずれも数量が限られております。

blightyellow.jpgNo.3のチェリーゴールドは、ブライトイエローに変更の場合もありますのでご了承ください。同じく甘みのあるジューシーなミニトマトです。




pack.jpgまた、ぷるるんトマトは、皮が大変薄く、なるべく振動を吸収できる梱包をいたしますが、輸送途中で避ける可能性があることをご了承ください。
←お届けはこのような梱包になります。

栽培方法は、ハウスでの無農薬栽培です。
遠野市の山間部で小規模多品種の農業を行っている遠野ファトリアは、5人の農業者によるグループです。栽培者自身が納得でき、安全で安心できるトマトづくりをめざしています。

会員のみなさまには、メールにて詳細をお知らせしております。
こちらのご注文はメールでお申込みください。


posted by fudo at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

トマトに魅せられて

今夏はやはり冷夏?
今朝の東京は、まるで高原にいるみたいに涼しいです。
農作物の収獲が心配です。

岩手県遠野の農家のグループ「遠野ファトリア・グループ」の小山さんから、トマトが送られてきました。

2009_0803katashina0001.jpg


色とりどりです。
思わず一個ずつ“記念撮影”!

2009_0803katashina0004.jpg


これはハート型の“トマトベリー ときめきトマト”という品種。
熱いハートの鼓動が聞こえてきそうです。
お皿の上に乗っかっているだけで、うれしくなってしまいます。

2009_0803katashina0016.jpg


これは、先日、ある会合で話題になって、出会いたい!と思っていたトマトです。新食感トマトといい、こちらでは「ぷるるんトマト」と名づけられています。福島では「ぷちぷよ」といわれています。今、直売所で大人気で、遠くからこれを求めて買いにくる人が多いそうです。

その名の通り、こんな食感のミニトマトは初めてです。皮がものすごく薄くて、口に残らず、トマトのおいしさを味わうのに「誰にも邪魔されない!」そんな感じです。
ただ、病気に強くない、日焼けに弱いため、大量には作れないのが難点。そして、皮が薄いから、輸送にも適さない。貴重品です。

こちらは、チェリーゴールド。

2009_0803katashina0010.jpg


甘みが強く、濃厚な味です。

2009_0803katashina0018.jpg


スノーベリー。風味が強いです。

2009_0803katashina0023.jpg


ブラックベリー。まるで“大人のミニトマト”みたいな色です(笑)
ポリフェノールが豊富に含まれているそうです。

こんなに楽しいミニトマトたち。
プレゼントでもらったら、うれしいですね。




ラベル:岩手県
posted by fudo at 06:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

美味な缶詰 黄金さんま

先月、旧知の岩手県陸前高田市の八木澤商店を数年ぶりにお訪ねしました。

こんな昔ながらの風情の老舗醤油店です。
代表的な商品は「生揚(きあげ)醤油」で全国的によく知られています。

2009_0628iwate0079.jpg

2009_0710sanma0011.jpg社長の河野和義さん、常務の光枝さんご夫妻といろいろ話をしていたら、「こんな商品が出たのよ!」と出てきたのが「黄金さんま」でした。

旬の新鮮な、脂ののったサンマが絶妙に味付けされて缶詰になったもの。


2009_0710sanma0008.jpg

舌にのせると、とろっとした脂とほろほろっと煮詰まった魚肉、ぽろぽろっとくずれる骨が口の中でとろけます!
おいしい!!!

もちろん醤油は、八木澤商店の丸むらさき。丸大豆を使用しています。
みりんは、なんと白扇酒造のものと最高の調味料を使っていて、無添加。さすがです。
気仙沼港であがった新鮮な秋刀魚をそのまま地元の加工所で、地元の醤油を使って煮る。地元ならではチームワークによる商品が生まれました。

早速、自分用に料理したくないとき(最近、よくあります 笑)のためと言いつつ、大量購入しました。
缶詰は賞味期限が長いし、保存が簡単なので、災害などの備蓄用としてもいいかなと買ったのにどんどん減っています(笑)
おいしいものを知ったら、みんなに知らせたい!
目下、友人に配り歩いています。

味付けは完成されたものですが、自分流にひと手間かけたい場合は生姜の千切りを入れて火をさっと通してもいいし、白髪ネギを薬味として添えてもいいかもしれません。

というわけで、みなさんにもぜひ、ご紹介したいのでネットショップにアップしました。
青魚好きにはたまらない一品だと思いますよ。
1缶350円です。

ラベル:岩手県
posted by fudo at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

旬のさくらんぼはいかが?

まぶしい初夏の陽光に負けないぐらい輝いているのがルビーのようなさくらんぼ!

今回、宮城県から岩手県内の生産者の方たちをお訪ねしてきました。
新しいお仲間にも出会いました。
盛岡市の山間部にある手代森(てしろもり)の田屋果樹園さんです。

来期のチーム・アップルに参加していただくことになりそうな田屋さんは、今、さくらんぼの収獲で大忙し。
ハウスの中には、さくらんぼが鈴成りです。

2009_0628iwate0104.jpg

そのかわいさにかなり興奮気味の私…。
お許しを得て、食べてみるとじゅわっと甘さが口の中に広がります。
やめられなくなる…。

2009_0628iwate0111.jpg

こちらの果樹園では、人手による受粉に加えて、マメコバチ、そして日本ミツバチにも参加してもらい、受粉させているそうです。
ミツバチ不足で果樹園は大変らしいですが…とお聞きしたところ、まったく問題なかったとか。特に気温が低くても、大活躍してくれる日本ミツバチには大いに助かったということです。

今ではお役目も終えて、山のふもとの木陰に置かれている巣箱では、相変わらずミツバチたちが忙しそうに出たり入ったりしていました。

2009_0628iwate0126.jpg

ミツバチたちのためにも、ふもとの暮らしのためにも、できるだけ農薬は使いたくないとのこと。除草剤を使っていない果樹園の大地は草でふかふかしていました。

すでに「りんご」で岩手県産のりんごがおいしいことはご存知の方が多いと思いますが、さくらんぼといえば山形、りんごといえば青森、ぶどうといえば長野や山梨…。でも、実は岩手県はりんごも、さくらんぼも、洋梨も、ぶどうも、とてもおいしいものができる一大果樹王国なのです。私が地域づくりの仕事で長く関わっていた紫波町も、りんご、ラフランス、ぶどうが県内随一の生産量です。岩手県人は奥ゆかしいのか、なんでもできるからのんびりしているのか(笑)

2009_0628iwate0090.jpg

園主の田屋富士男さんが、ぜひ、この一番おいしい旬のさくらんぼを多くの方にご紹介くださいとのこと。岩手の知られざる魅力を私もお伝えしたい!そこで久しぶりに「旬!」シリーズを再開することにしました。
今回は、日ごろ、お買い上げいただいている会員のみなさまへささやかな感謝として1割引きの特別価格・送料無料でご紹介させていただきます。
期間は一番おいしいものをご提供できる7月8日までですが、なくなり次第終了となります。

2009_0628iwate0162.jpg

産地からの直送となるので、ほかの商品と合わせてのご注文はできません。

ご購入はこちらから。
会員の方、これまでに風土倶楽部の商品をお買い上げいただいた方のみへのご紹介とさせていただきます。新規の方は、会員登録をお願いいたします。

2009_0629iwate0167.jpg

ラベル:岩手県
posted by fudo at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

野菜の顔ぶれが豊富になってきました

さて、これは何でしょう?

e-2008_0604asaichi0018.jpg

答えは大根の実。
この中に種が入っています。

8日まで汐留の日テレ広場で開催中の東京朝市・アースデイマーケットには、だんだん野菜が豊富に並びはじめました。

e-2008_0604asaichi0001.jpg

風土倶楽部は2日から4日だけの出店で、あいにくお天気が悪く、3日は雨で中止!、ほかの日も雨や風に悩まされました。
でも、今週末はお天気も良さそうなので、ぜひ、お立ち寄りください。
詳細はアースデイマーケットのホームページでチェックしてからお出かけください。
次回、代々木公園での通常のマーケットは6月22日の日曜日です。

e-2008_0604asaichi0025.jpg

竹テントと高層ビル。ちょっと不思議な風景ですよね。
ラベル:東京朝市
posted by fudo at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

有機無農薬たまねぎ購入支援のお願い

阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションから、有機無農薬のたまねぎ購入支援のお願いが届きました。

同団体による出石市民農園支援事業は今年で4年目を迎えました。兵庫県豊岡市出石町鳥居地区は、2004年台風23号により出石川が決壊し、多大な被害を被りました。短期的な復旧救援ではなく、復興まちづくりの支援を行っているまち・コミュニケーションは、作業を応援してくださる方とともに毎週出石に通い、作物を育ててきました。
昨年は2回収穫祭が行われるなど、にぎわってきました。

【有機無農薬 たまねぎ購入による活動支援をおねがいします】

●内容と価格
★【たまねぎ 10キロ】4,500円(送料込、活動支援費込み)
★【たまねぎ 5キロ】2,500円(送料込、活動支援費込み)

●配達時期
2008月6月中旬発送

●ご希望の方は、まち・コミュニケーションまで直接、Email、FAX、お電話にて、お送り先の @お名前 Aご住所 Bお電話番号 C商品名 D数量をご連絡下さい。

●お申し込み先
阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーション
Tel:078-578-1100 Fax:078-576-7961
m-comi@bj.wakwak.com

参考映像
災害復興のシンボル農園オープン
ラベル:農業 旬!
posted by fudo at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

春一番の最高級のアスパラガスをおすそ分け!

旬感セットはおかげさまで完売しました。
ありがとうございました。
そこでちょっと気をよくして、早速、次のお知らせです。

今度は採れたて春のアスパラガスです。

e-021syou.jpg

続きを読む
ラベル:旬! 農業
posted by fudo at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

鹿児島県南さつま市笠沙発「旬感セット」のご案内

風土倶楽部初の生鮮野菜販売のご案内です。

NPO法人南さつまと風土倶楽部の共同企画による
鹿児島県南さつま市笠沙発「旬感セット」を10セット限定販売します。
1箱 2850円(送料・税込み)
内容
 じゃがいも(にしゆたか) 5kg 
 砂丘らっきょう(葉付き) 1kg、
 笠沙のしおっ 100g

sp-P2230150.jpg

先日、鹿児島県南さつま市笠沙でNPO法人南さつまの理事長松山進さん、事務局長松山智恵さんのご夫婦とたのしーいひとときを過ごしてきた私。
NPO法人南さつまも、農業が元気になれば、地域はもっと元気になる!と農業に取り組んでいます。
事務局長の松山智恵さんは「今週の私」に昨年登場していただいたので、こちらをご覧ください。

とにかく採れたて魚とらっきょうのおいしさと来たら!焼酎がすすんで、すすんで…。
飲みながら、農業の現状を話していたら、「ああ、ここもまた…」とため息。
高齢化、天候不順、輸入農産物に押されての価格の低迷…
農業だけでは食べていけない。
私たちの大切な食糧なのに、それをつくる人が食べていけないという理不尽さ。
そんなこと、あんなことを話すうちに、

「このらっきょうも、じゃがいもも、やたらとおいしいじゃないの…」
「これを本当にわかってくれる人にちゃんと届けたいよね」ということであっというまに「旬感セット」の販売内容がまとまりました。

折りしもなんと今年は国際ポテト年!じゃいがいもの年です。
そんなめでたい(?)年に早期水稲米農家の黒瀬誠さんの、初チャレンジ、米の裏作としてのじゃがいも
が無事収獲されました。

P1200067.jpg

黒瀬さんの畑です。5反、東京ドームの半分くらいの広さです。


続きを読む
posted by fudo at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

玉ねぎ、じゃがいも、購入支援のお知らせ

阪神・淡路大震災まち支援グループ まち・コミュニケーションから、お知らせが届きました。

//////////////////////////////////////


今回は、出石市民農園の有機無農薬の【たまねぎ】【じゃがいも】購入支援のお願いです。

まち・コミュニケーションは
2004年の台風23号の被災地、兵庫県豊岡市出石町鳥居地区の市民農園再建を支援してきました。
週2回のペースで、神戸から通い(片道車で3時間ほど)3000平米の畑に野菜を植えてきました。

おかげさまで今年3月に「やすらぎ市民農園」と地元の人たちで経営する「軽食・喫茶 鳥居のさと」がオープン。
災害の助け合いを活かしたコミュニティー再生のため、地元の人たちも奮闘中です。まち・コミュニケーションも皆様と共に復興まちづくりのコミュニティー再生支援を続けています。

まち・コミの畑でできた、たまねぎ、じゃがいもを買うことで活動の支援をしていただけませんか?
神戸から出石への交通費や、苗・肥料代として使わせていただきます。

チラシはこちら

新聞記事はこちら
続きを読む
ラベル:旬!
posted by fudo at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旬の限定品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。