2008年09月17日

木製の箸とスプーンについてのお詫び

先日、東京朝市で販売しました山形県真室川町の工房タカネ制作による拭き漆の箸とスプーンについて、商品に関する情報を間違えてお伝えしてしまいました。同商品の素材である素地は、真室川産のものとお伝えしましたが、実際はスプーンは台湾の工房によるクスノキ、箸は福井県の箸製造業者マルゼンによる外材のマラスでした。

2008_0915asaichi0015.jpg

国産材という私の説明でお買い求めいただいた方々にはお詫びさせていただくとともに、商品についてご返品をご希望される場合は、大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、弊社まで着払いにて商品をお送りください。ご指定の振込み先にすみやかに返金させていただきます。
また、次回10月4日の朝市に出店しますので、その折にご返品いただければ、その場でご返金させていただきます。
あて先などはこちらをご覧ください。

以前、三鷹のショップで真室川産のバターナイフや箸を扱っていたことがあり、その際には確かに真室川の桜や栃、梅などの木材が使用されていました。今回、同町の工房たかねから箸とスプーンが送られてきたときにすっかり同じ材質のものであると私が思いこんでおりました。確認を怠り、本当に申し訳ありません。

今回、使用されていた素材は台湾の工房で作られた素地です。工房の息子さんが岩手県安代町漆器センターに漆の研修に来た縁で、オリジナルとして作り始めたものです。

2008_0915asaichi0039.jpg

現在、日本では木地師と言われる木を器などの形に削る職業の人が大変少なくなっていること、中でもスプーンや箸のような手間のかかるものを削る人が激減しています。したがって注文が殺到してしまうのが現状です。漆器の場合も、国産材による素地はかなり少なくなっています。加えて、スプーンや箸に使える固い木であるケヤキやクスノキ、黒柿といった樹木も大変数が少なくなってきています。国産材によるものは、個人の作家の方が自分で箸やスプーンの形に削り、エゴマの油などを塗るなどして作品にされている場合が多く、価格もかなり高いものとなります。

2008_0915asaichi0040.jpg

箸の場合は、今、国内で流通している箸の素材の多くはマラスもしくは鉄木だということです。

工房たかねでは、日常使いの箸やスプーンとして価格を抑えるためにちょうどよい素材を探していましたが、国内産あるいは国産材の素材は見つからず、今回の素材を選ぶことになったということです。
事前に私が同工房に確かめなかったことを大変申し訳なく思っています。

なお、拭き漆は生漆(きうるし・漆の木から取れた未加工の樹液)をそのまま使います。木地に生漆を塗るとどんどん吸いこんでいきます。余分なものは拭き取ります。一旦乾かし、乾いたら研摩してまた同じように生漆を塗り、拭き取ります。その作業を繰り返すうち木地は吸い込みが止まり、次第に表面に薄い塗膜ができ、ツヤが出てきます。こうして水分や油をはじく箸やスプーンができていきます。塗りものと異なり、塗膜が透明なため、材質の美しさを感じられる素材が生きる仕上げでもあります。1点ずつ手作業で、絵柄もすべて手で描いています。

今回の反省を踏まえて、みなさまには正確な情報をお伝えしていく努力を怠らないようにしなけらばとあらためて強く思いました。

日本の木を使うことで日本の山を甦らせたいと切に思うのですが、そこに行き着くまでにはまだまだクリアしなければならない課題が数多くあります。図らずも今回、その課題のいくつかを知ることになったわけです。私としては、日常の食卓や暮らしにいいものを取り入れていける暮らしのお役に立ちたいと考えているので、日本古来の漆も、ぜひ、みなさんに手軽な価格で親しんでいただきたいと考えています。国産のものであればなおよいですが、よいものだと納得できるものは情報をお伝えしたうえで取り扱っていきたいと思います。

工房たかね
山形県最上郡真室川町在住の漆芸家 田代淳さんの工房です。

2008_0715hatake0184.jpg田代さんより
毎日気兼ねなく使える、ちょっと生活が楽しくなるようなもの、
漆の質感を楽しめるものを作っていきたいです。



1970       東京生まれ
1991       女子美術短期大学卒業
1944       岩手県安代町漆器センター 研修
1996〜98   日本クラフト展 入選
1999       真室川町うるしセンター勤務
2000       日本クラフト展入選
2001       ドイツTALENTE2001 出品
2003       木と暮らしの工芸展 審査委員賞

なお、工房たかねの商品は、今後、風土倶楽部のネットでも販売していく予定です。

ラベル:木のスプーン
posted by fudo at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

三鷹マイショップコーナーが本日で終了します

三鷹産業プラザ1Fのマイショップが本日をもってクローズになります。
風土倶楽部は、このスペースの小さなコーナーに棚をもち、各地で出会った仲間たちの商品を置き始めたのが始まりでした。
「りんご」は、同じテナント仲間だったNPO法人自然育児友の会のお母さんたちが最初にファンになってくれました。
そして、今のように大変身を遂げて、みなさんのお手元に届くようになりました。

1年半前からは、コーナーも広くなりました。
仲間の商品の中でも「これは!」というものを見つけては、置いてみました。
例えばバジルソース。建築家であり、有機農家でもある雨読晴耕村舎の後藤さんの作品ともいえる、
採れたてのバジルの香りを閉じ込めた飛び切りおいしいソースは何度もリクエストをいただきました。
今夏は、できればまた三鷹モールで販売していきたいと考えています。

飯尾醸造の各種お酢も人気商品でした。
中でも富士酢プレミアムは、1260円という最高級のお酢が果たして売れるのかと思いつつ、まろやかさ、香りともとても気に入ってしまったので置いてみたところ、あっという間になくなってしまいました。このお酢は数量限定品なので、限られたお店でしか取り扱っていません。引き続き三鷹モールで販売していきます。

三鷹モールでもご好評をいただいているなたね油「まごどさ」も、ショップで一人で数本お買い上げいただいた方もおられました。
熊本県水俣市の桜野園による在来種の無農薬無化学肥料の緑茶、ほうじ茶、紅茶は定番で、切らせない商品となっていました。
こちらも三鷹モールで引き続き販売します。

そのほか、三鷹モールでは販売していなかったのですが、農家の手づくりの加工品やこんにゃくの手づくりキットなども人気商品でした。
このショップをご利用いただいていたみなさま、本当にありがとうございました。

今後の当店の直販はインターネットショッピングモール三鷹モールと、東京朝市・アースデイマーケットのようなイベントのみになりますが、今後とも、どうぞ、お引き立てのほど、よろしくお願いいたします。

お買い求めの際は、とてもごめんどうですが、風土倶楽部のホームページから、三鷹モールのページにアクセスして、そちらのカゴからお願いいたします。
posted by fudo at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

アチパンがスタッフを募集中です

国分寺のカフェスロー内の天然酵母のパン工場「アチパン」がスタッフを募集中です。

とてもおいしくて、カフェスローに行くたびに必ず買っています。というか、アチパンのパンが欲しくてカフェスローに出かけていくこともあるぐらいです。どのパンも、おいしいのはもちろん、ほっとさせてくれる味なんですよねぇ。

カフェスローの移転作業も佳境に入り、いよいよ6月21日に正式にリニューアルオープンの予定。アチパンも、一緒にリニューアルオープンです。
(カフェスローの移転の様子についての当ブログの記事

我こそは!という方、ご応募ください。
詳細はアチパンのホームページをご覧くださいね。
パン教室も、また、再会されるようですよ。

posted by fudo at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

ご来店いただいたみなさま、ありがとうございました

アースデイ東京はあいにくのお天気で、設営のときから風と雨に悩まされました。

e-2008_0420earthday0029.jpg e-2008_0420earthday0026.jpg e-2008_0420earthday0027.jpg e-2008_0420earthday0031.jpg

そんな中、たくさんの方にお声がけいただいたことがなによりもうれしかったです。

「いつも食べています」
「カフェスローで買いました!」
「朝市で必ず買っています」
「ホームページを見ていますよ」

など、いつもりんごをはじめ風土倶楽部の商品をお買い上げいただいている方たちと顔を合わせてお話しできた貴重な機会となりました。
ご来店いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。

e-2008_0420earthday0042.jpg

新商品の「Cereal」も好評で、試食していただいたほとんどの方に「おいしい」と言ってもらえました。
じかに聞く言葉はうれしいものですね。

今回より、タペストリーも一新し、新しいキャッチコピーとなりました。
「食と農をつなげ、土に根ざした日々の暮らしの豊かさをはぐくみます」
そして、「大地でつながるみんなのモノがたり」が新コンセプトです。

e-panel.jpg

ちょっとカッコよくなりすぎ・・・
なんていう人もいますが、そこは心意気ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

毎回、同じブースで出店している「片品生活塾」との共催で、5月10日(土)にショップのある三鷹産業プラザ1Fの「アイカフェ」を1日借り切って、のんびり、ゆったりのマルシェ(のようなもの)を開催します。このときに料理研究家の方々に「Cereal」の食べ方を提案してもらい、試食する計画を立てています。
詳細はあらためてこのブログでお知らせさせていただきます。
posted by fudo at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

春がやってきました

sp-2008_0214nabana0002.jpg

友人から菜の花をもらいました。
花が咲いてしまうと苦味が増してくるそうです。

小さく1,2輪咲いているのを見て、せっかくの春の兆し、食べてしまうのはおしいような気がして、テーブルに置くことにしました。

毎年、この花を見るたびに心が躍ります。
みつばちたちが菜の花畑を飛び回りはじめたら、春はもうすぐそこ!
花の季節が始まります。

菜の花は、ビタミンCがほうれん草の4倍、カリウムはモロヘイヤ並み、カルシウムは小松菜並みという抜群の栄養素を持っているそうです。
ほのかな苦味をもった植物をたくさんからだに取り込んで、アクティブな季節にそなえたいものです。
ラベル:野菜 旬!
posted by fudo at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年中は風土倶楽部をご愛顧いただき、
誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

オリジナル商品「りんご」をご注文いただいたお客様には
大変長らくお待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。
農家の丁寧な暮らし方から生まれたこのような商品に
対してご理解、そしてご賛同をいただいていることに
深く感謝しております。
今年は、ご注文にできるだけ早くお応えできるように努めたい
と存じます。

春には風土倶楽部らしい新しい商品がお目見えする予定です。
みなさまにはいち早くお知らせさせていただきます。
また、各地の生産の現場から、一生懸命つくった
限られた自然の恵みをぜひ、みなさまに紹介してほしい
との要望が寄せられており、どのようなかたちでご提供
できるかを検討中です。

食もまたグローバル化により、安心安全はもとより、
国の根幹を支える私たちの大切な食糧そのものが大きな
岐路に立たされています。
風土に育まれたその土地ならではのものを作り続けることで
農山漁村が存続していくことができます。
私たちの食べ物をつくってくれている生産の現場を守りたい。
先人たちが培った生活文化を伝えていきたい。
そんな思いを込めて、今年も小さな風土倶楽部の輪を大切にして、
自然の環をつなぎ、大きな和へと育てていきたいと存じます。

末筆ながら、みなさまのご健康とご盛運を心より、ご祈念申し上げます。

2008年元旦

風土倶楽部店主
posted by fudo at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

今年もお世話になりました 三鷹モール&ショップは12月28日〜1月3日までお休みです

2007年も残すところ後、2日です。
年末年始、みなさま、いかがお過ごしですか?

風土倶楽部は、インターネットショッピングモールも、ショップも今日から1月3日までお休みです。
みたかモールでのご注文は可能ですが、発送は7日から開始となります。

「りんご」のご注文をたくさんいただいており、ありがとうございます。三鷹のショップでは、紅玉も含めて4種類すべてを少しずつですが、販売しています。(王林80g、ジョナゴールド80gは欠品中)1月4日からなので、お近くにお越しの際にはぜひ、お立ち寄りください。
ショップにお電話いただければ、事前に在庫をご確認いただけます。
三鷹産業プラザ1F マイショップ 電話:0422-40-6331

11月から販売を開始したカシスジュースも、とても好評です。
長時間パソコンをして、目が疲れたというときに飲んでみたところ、目のまわりがとても軽くなりました。
お店でご購入いただいた方々からも、そんなご感想をいただいています。
添加物を何も加えていない自然のままのジュースですから、気分転換としても安心してお飲みいただけます。

来年も、いろいろ"いいもの"をみなさんにご紹介していければと思います。
今年は大変お世話になりました。
来年も、また、よろしくお願いいたします。

風土倶楽部店主
posted by fudo at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

暑中お見舞い申し上げます

暑いですねー。
夜は寝苦しいし、クーラーの中にずっといると、からだがだるいし、真夏はいつもかなりうんざりします。
毎年、8月中、どこか涼しいところで仕事をしたいものだと思いつつ、いまだ果たせず、です。

三鷹のお店では、今、梅干しがとてもよく売れています。
暑いとすっぱいものが欲しくなるようで、私も、1日にほぼ1個は食べています。なぜか「そうだ!梅干し!」と思ってしまうんですね。

みなさんも、まだまだ暑い日が続きますから、どうぞご自愛くださいね。
posted by fudo at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。