2008年11月07日

今期りんごの販売開始について

いよいよりんごの季節が始まりました!
今期、りんごはただ今、製造中です。

今年から取り組んだ早生種つがるから、今までお取扱いただいていたお店(一覧はこちら)に少しずつ出荷を始めています。
お近くのお店にお問い合わせください。

三鷹モールでは、12月1日からつがる、紅玉の販売再開を予定しております。その後、中旬から王林、下旬からふじとなります。生産が間に合った場合には、もう少し早く販売を再開をさせていただきます。

今期も、また、「りんご」をどうぞよろしくお願いいたします。
なお、ご予約を下記メールにて承ります。

office*fudoclub.com (*を@に替えてください)


風土倶楽部店主



ラベル:干しりんご

2008年10月20日

りんご速報2008

大変お待たせしております「りんご」ですが、現在、生産に励んでいます!

新顔が登場します。
早生種の代表ともいえる「つがる」です。
お待ちいただいているみなさまに少しでも早くお届けしたいと取り組んでみました。
ラベルのイラストがあがってきて、ちょっとワクワクしています。
なんとか11月中旬ごろには販売したいと進めております。

そして、そして、2009年初頭にはついに青森産の「りんご」がお目見えする予定です。
「りんご」の販売を開始して以来、産地を分けてみなさまにお届けしたいとずっとずっと願っていました。ついに青森の仲間が一緒に取り組んでくれることになりました。
同じふじでも、岩手産と青森産がある。それだけでなんだかうれしくなりませんか?

詳細は、後日また。



ラベル:干しりんご

2008年09月09日

今期分が完売しました みなさま お買い上げありがとうございました

ご好評いただいております「りんご」ですが、今期分が完売しました。
みなさま、お買い上げいただき、誠にありがとうございました。

三鷹モールには、すでに完売のお知らせをしていますが、こちらのブログにはしていなかったので、お問い合わせが相次いでおり、申し訳ございません。

来期の販売再開は11月下旬を予定しております。
早生種を手がけたいと考えておりますが、りんごの入手状況次第なので、また、決まりましたら、お知らせさせていただきます。

なお、メーリングリストにご登録いただければ、いち早くお知らせさせていただきます。

風土倶楽部店主
朝田邦子

2008年09月04日

りんご速報!色づきはじめています

「りんご」の今期分がついに完売してしまいました。
来期のりんごの買い付けや打ち合わせに岩手を訪れました。

DSCF9291.jpg

ほら!もう、こんなにりんごが色づきはじめています。
これは早生種のつがる?

来期は、よいものがあれば、つがるもやってみようかと検討中です。

DSCF9306.jpg

これはまだまだ幼いふじ?
りっぱに大きくなってネ。

待ち遠しいです。


2008年08月17日

今期も完売間近です

今日の東京は涼しくて、ほっとします。
時折、「あ、秋?」というような風が感じられるようになってきました。

おかげさまで、今期の「りんご」もまた、完売間近です。
今、三鷹モールにアップしているものが今期最後となります。
みなさま、お買い上げ、ありがとうございました。

さて、いよいよ収獲の秋が近づいています。
今年のりんごの様子を来月早々に岩手に出向いて見てきます。
来期は11月下旬ごろからの発売開始を予定しています。
また、どうぞ、よろしくお願いいたします。

先日、お伝えした小松菜とブロッコリーの芽がもう出てきました。
植物の力のすごさを双葉をみるたびに感じます。

e-2008_0816komatuna0001.jpg
ラベル:干しりんご

2008年06月25日

三鷹モールでのジョナゴールドの販売は終了です

今期のジョナゴールドも三鷹モールでの販売は終了しました。ありがとうございました。

ショップ一覧に掲載しました各店には、まだ、もう少しジョナゴールドは出荷する予定なので、お取扱いただいている場合もあります。それぞれにお問い合わせください。

ふじはまだ少し余裕があるので、引き続き三鷹モールで販売します。

来期のりんごは、一番早い王林で11月半ばごろからの発売となります。
また、よろしくお願いいたします。

2008年06月20日

今期の王林がまもなく完売です

大好評の風土倶楽部オリジナル商品「りんご」ですが、今期の王林がまもなく完売です。

ringo4ourin.jpg

ジョナゴールドの在庫も数少なくなってきています。
ふじは、まだ、少し余裕があります。

昨年は7月下旬にすべての「りんご」が完売してしまったので、今期は生産量を1.5倍ほどにしたのですが、お取扱いただいている店舗数が増えたことから、予想以上に在庫が急速になくなってきてしまいました。
王林の来期生産は11月半ばからになります。

今ごろ、りんご園で小さな実が膨らみはじめているころでしょうか。
太陽をたくさん浴びて、おいしいりんごに育ってくれますように。
ラベル:干しりんご

2008年01月10日

りんごがひと段落しました

11月の販売再開から、年末まで、ご注文いただいたみなさまには大変お待たせするとともに、いろいろ不手際が多く、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。
ご注文を予想以上にいただき、あたふたしてしまいました。
本当にありがとうございます。

年末年始の間にどうにかすべてのご注文にお応えすることができ、ほっとしています。
本当はクリスマスやお正月に、みなさまにおいしく召し上がっていただきたかったのですが。

りんごのほかの商品も、地域の人々はもとより、耕作放棄をこれ以上増やさず、次の世代によりよい自然環境を残すことにささやかでも寄与できる商品を集めています。
風土倶楽部のセレクションに加えることができる商品アイテムが少ないのが悩みです。

スローで、ほんの少しのおすそ分けばかりですが、
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
ラベル:干しりんご

2007年12月14日

りんごをお待たせして、申し訳ございません

みなさま、ご愛顧いただき、本当にありがとうございます。
ご予約が殺到して、長期にわたりお待たせしており、大変申し訳ありません。

昨年、予想以上の売れ行きで7月に完売したので、今年は2倍の量を用意していたのですが、まったく生産が追いついておりません。
この素朴な「りんご」をご支持いただき、感謝感激です。

三鷹モール販売分として年内に確保していた量は、ご予約でほぼ完売の状態です。
三鷹のお店では、40gの紅玉とジョナゴールドを販売中です。

年明けには少し量が確保できると思いますので、また、よろしくお願いいたします。

ご予約は承りますので、三鷹モールからお申込みください。
ラベル:干しりんご

2007年11月28日

お待たせして申し訳ありません

今週から、三鷹モールでも販売を再開しました。
連日、どどっと予約注文をいただいています。
4ヶ月もお待たせしたにもかかわらず、みなさま、本当にありがとうございます。

広告宣伝なんてもちろんやっていませんから、口コミでしょうか。
「りんご」が一人歩きして、あちこちでよい出会いをさせていただいているようです。
以前に買っていただいた方々からは、
「家族みんなで待っていましたよ!」
というコメントをお書きいただくなど、本当にうれしいかぎりです。
製造に励んでくれている市嶋さん共々、とてもやりがいを感じさせていただいています。

今、ご予約いただいても、ようやく王林とふじの収獲が終わりつつあるこれから製造に入りますので、
出荷できるのは12月中旬以降というのんびりさ。
そんなスローなりんごちゃんのペースに合わせてくださるお客様のみなさまに深く深く感謝しています。

ご注文を予想以上に多くいただいているため、これからの予約のご注文は年明けのお届けになりそうです。
またしてもお待たせしてしまい、心苦しい限りです。
1月になれば、収獲作業が終わるりんご農家さんが製造に参加してくださるので、少し余裕ができると思います。

ほぼ1週間かけて、ゆっくり水分を抜いて乾燥させているため、大量に生産できません。
そんなスローで不器用なりんごですが、これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

なお、三鷹のショップでは、上記のような状態なので、ほんの少量ずつの販売となります。
ラベル:干しりんご

2007年11月21日

りんごの販売を開始します

大変お待たせして申し訳ありませんでした。
三鷹モールでのりんごの販売を11月27日から開始します。
まずはジョナゴールドの販売から再開します。
その後、順次、王林、ふじとなります。

三鷹モールでは、オオカミオバサンのようなお知らせを何度もして、本当にすみませんでした。

なお、紅玉に関しましては今期は三鷹モールでは販売いたしません。三鷹産業プラザ1Fのマイショップ内の風土倶楽部コーナーにて、ほんの少量お目見えするのみになります。

それでは、今期も「りんご」をどうぞ、よろしくお願い申し上げます。
ラベル:干しりんご

2007年10月27日

干しリンゴ「りんご」の発売が遅れます

申し訳ございません。当社オリジナル商品「りんご」の今期発売が当初予定していたよりも、半月ほど遅れます。

パッケージを今期より、近くの福祉作業所にお願いすることにしましたが、まだ、慣れない状態なので少々時間がかかっています。
また、生産体制も、ご協力をお願いしているりんご農家さんのりんごの収獲が落ち着いて、手が空く12月下旬になるまで、スローな状態が続きます。

いましばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。
ラベル:干しりんご

2007年10月19日

干しリンゴの今期販売開始についてのお知らせ

みなさん、大変お待たせいたしました。
今期の干しリンゴの販売開始時期のお知らせです。

10月下旬〜 ジョナゴールド
11月中旬〜 王林
11月下旬〜 ふじ

以上のように品種ごとに順次販売を開始していきます。
三鷹モールでの販売開始は10月30日〜
三鷹のショップでは11月1日からジョナゴールドの販売を開始します。

料金は、40g 400円/個 80g 600円/個と改訂しました。
かけす農場さんでパッケージまでの完成品を手がけていましたが、生産により力を入れるために、近くの福祉作業所にパッケージをお願いすることにしました。加えて、原料のりんごを除草剤なしのものにすべて切り替えたこともあり、値上げせざるを得ず、大変心苦しいのですが、何卒、ご理解いただきますよう、お願いいたします。

なお、紅玉が予定していたよりも入手できず、昨年に引き続き、今期もまたほんの少量生産となってしまいそうです。
11月中旬から販売開始しますが、三鷹のお店と、お取り扱いいただいている数店舗のみでの販売となります。

紅玉は、加工用としてつくられていることから、半端モノ(キズがある、色にばらつきがある、など)が極端に少なく、また、最近は、人気が高いため、高値で取引されています。
半端モノを有効活用しようというのが干しりんごの目的の一つでもあるので、ないということはとてもいいことでもありますが、りんご4姉妹が揃わないのはちょっと淋しいです。

今期もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
ラベル:干しりんご

2007年09月14日

今秋の干しりんご 速報 その1 減農薬栽培で除草剤なしを使用

大好評の「りんご」は、7月下旬にすべて完売してしまい、みなさまをお待たせすることになり、本当に申し訳ありません。
今年は、なんとか1年持たせることができるように、現在、りんごの買い付けを始めています。
本格的な収獲は、10月中旬から始まります。

apple.jpg
続きを読む
ラベル:干しりんご

2007年08月04日

りんご入りのナン

暑いですね。
みなさん、いかがお過ごしですか?
私は岩手県一ノ関に行ってきました。

「りんご」がほぼ完売状態で、本当に申し訳ありません。
いつもお買い上げいただいているみなさま、また、置いていただいているお店の方々に申し訳ない思いでいっぱいです。
来期は、このようなことがないようにと、生産体制の打ち合わせに行っていました。
ただ、なにぶん、一つずつ手づくりしているので、どんなにがんばっても量が限られてしまいます。
そこが、丁寧なものづくりゆえの大きな悩みです。

10月中旬以降から、少しずつ、また、商品ができてくる予定です。
どうぞ、来期もよろしくお願いします。

P-2007_0803ichinoseki0014.jpg

こちらは、りんごの製造元の市嶋さんのお母様洋子さんお手製の干しりんご入りナンです。
生のりんごを使うと味がぼやけてしまうとか。

ringochaniri.jpg

レシピを教えていただきました。

1.干しりんごを刻む。
2.粉3カップ、水1カップの割合で、生地をつくる。
3.ひまわりの種をミキサーで細かくする。
4.茶殻を細かくする。
5.3個の梅干しをつぶして、水を加えつつ、擂鉢でする。
6.生地に3,4,5を入れて混ぜ合わせ、半分にする。
7.半分にりんごを入れて、残りの半分で包む。
8.フライパンで焼く。
始めは強火で、少ししたら弱火にして30分間です。

なんだか簡単そうですが、洋子さんならではの工夫が随所にあるようで、はてさてうまくできあがりますかどうか。
りんご、梅干し、ひまわりの種、地粉の味わいがそれぞれしっかりしていて、ちょっとほかでは味わえないナンでした。

youkosan.jpg

市嶋さんの家の前で。
台風によるフェーン現象のおかげで、さすがの岩手も猛暑でした。

ラベル:干しりんご

2007年07月08日

これがウワサのペレットです!

s-2007_0707maniwa0016.jpg岡山県真庭市にある製材工場に視察に行ってきました。
これが風土倶楽部オリジナルのりんごの生産に欠かせないペレットが生産されているところです。

s-2007_0707maniwa0013.jpg製材の過程で出る木屑や端材を細かくして圧縮させて、小さな固形燃料に変身させます。
(製材工場などのレポートは、LJ21のドタバタ日記にアップしています)

これをストーブに入れて燃やして、部屋を暖めて、ゆっくり乾燥させるから、風味豊かなりんごのおいしさがそのまま、いえ、生で食べる以上に引き出されるのです。薪ストーブでは温度管理が難しいのですが、ペレットストーブは、一定の温度を保ちやすいという面があります。食べ始めたら、止まらなくなる、そのおいしさの秘密はこのペレットにあると言えるかもしれません。

化石燃料は、使ったら、CO2を出すだけ。だから、大気中にどんどん増えていきます。森の木の間伐材や端材をペレットにしたペレットストーブを使うことにより、CO2を排出し、その分、森で木を育てる。何千年も、森と人の間で繰返されてきた循環を取り戻すことで、地球の温暖化を止めることができます。

「りんご」のふるさと岩手県は、北海道についで森林面積が多く、森林の保全活用が大きな課題です。一見、森には木がたくさん生えているようでも、使われることなく放置されることで、枝が繁り、光が入らず、暗い森になってしまっているのをよく見かけます。そんな森は水や土砂を抱え込むことができず、大きな災害を引き起こす原因になります。

「りんご」の生産量はまだまだほんの少しだけれど、みなさんに森のこと、そこで人が暮らし続けることができる大きな意味をお伝えできればと思います。

「りんご」は、古くて、新しい生産のあり方をささやかながら提案しています。



ラベル:干しりんご

2007年06月16日

りんごが品薄状態です

大好評をいただいている「りんご」ですが、生産が追いつかず、お待たせしています。

岩手県一関市室根に暮らす市嶋さん一家の自然と調和したライフスタイルから生まれたどこにもないドライフルーツ。減農薬のりんごを間伐材などを利用したペレットストーブでじっくり丁寧に干しています。安全安心に加えて、自然環境の保全活用にも一役かっているという、ありそうで今までなかったのが「りんご」です。おかげさまで、各地からお問い合わせが相次いでいます。

みなさまにご愛顧いただき、本当にありがとうございます。
予想以上の売れ行きでタグなどのパッケージのパーツが、急速になくなってしまい、現在、印刷中です。お待たせして申し訳ありません。
これを機に、よりみなさまにりんごのことを知っていただけるようにほんの少し文章を改訂しました。

現在、モールおよび三鷹のショップは完売状態です。
次回の入荷は22日ごろになる予定です。

なお、市嶋さんが請われれば誰にでも作り方を教えてあげたため、同じようなりんごをつくる人が出てきています。が、手間のかかるペレットストーブではなく、電力や石油を使用しての生産となっているようです。とても残念です。

市嶋さんも、送風の部分だけは電力を使っていますが、風土倶楽部と市嶋さんはどんなに手間と時間がかかっても、そして、生産量が限られていても、今の方法でつくって、みなさんにお届けしていくつもりです。地球温暖化は小さな努力の積み重ねで解決しなくっちゃ、です。

6月24日の東京朝市・アースデーマーケットには、なんとか間に合う予定です。
このところ、風土倶楽部のブースには、お手伝いの方々、お遊びに立ち寄る方々が続々参集中で、楽しいブースになりつつあります。
モノを売るというよりも、みんなでなんとなく、顔を合わせて、面白いことを考えよう、やってみよう、そんな感じです。

ぜひ、お立ち寄りください。
その節は、一声をおかけくださいね。
「風土倶楽部」のブログで見ましたよ、って。
ラベル:干しりんご

2007年05月13日

「りんご」の王林が完売間近です

大好評のりんごですが、王林が完売間近です。
本当に今期は、予想以上に好評をいただき、すでにふじを残すのみとなりつつあります。

これは王林が特に人気というわけではなく、もともとほぼ同量ずつ仕入れていたのですが、12月下旬になって「原料が足りない!」と気づいたときに追加で入手できたのが、ふじだけだったということです。そのため、ふじは、まだ、在庫があります。

ただ、こちらもかなりの勢いでご注文をいただいているので、秋まで確実にお届けできるかどうか、少々、不安になっているところです。

また、秋、りんごの季節がきたら、王林も、ジョナゴールドも、紅玉も登場させますので、その節は、ぜひ、よろしくお願いいたします。

ラベル:干しりんご

2007年04月18日

りんごのジョナゴールドが完売しました

みなさまにご好評をいただいております「りんご」のジョナゴールドが今期は完売いたしました。
私たちの予想した以上にみなさまに御支持いただき、本当にありがとうございます。
全国に「りんご」ファンの方が広まっていることを実感する毎日です。

次回は11月ごろの入荷となります。
また、よろしくお願いいたします。

なお、王林も数が少なくなっております。
ふじは、原料を大目に仕入れておりましたので、今後もご提供できる予定です。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ラベル:干しりんご

2007年03月15日

紅玉の完売と料金改定のお知らせ

今期、初めて手がけた紅玉が好評のうちに完売しました。
紅玉は、現在、加工用として栽培されているものがほとんどで、手に入りにくい品種となっています。
菓子メーカーでも、紅玉を使ったお菓子は冬期の限定商品として販売しているところも多いようです。

風土倶楽部の「りんご」4姉妹は減農薬栽培により、見た目がちょっと悪くなってしまったものをおいしくいただこうということで加工している商品です。
加工用が多い紅玉は、残念ながら減農薬で栽培されているものがほかの品種のものよりも非常に少ない状態です。

輸入自由化でいろいろな果物が海外から大量に安く輸入され、競争が激しくなっていること、消費する側の嗜好が多様になったこともあり、品種改良を重ねられてきたリンゴは、病気や虫に弱く、どうしても農薬や化学肥料が必要にならざるを得ません。
完全に無農薬で栽培されている方も、数人おられるようですが、それは栽培されているリンゴ全体から言えば、あまりにもほんのわずかの量です。

また、無農薬で栽培できるまでには何年もの土壌や栽培環境の改良が必要になり、その間、農家の収入が途絶えたり、大きく減収することにもなりかねません。そのためになかなか切り替えが難しいというのが現実です。

薬に頼らない農法はそれだけ手間がたくさんかかります。
でも、少しでも安全安心なリンゴを食べてもらいたいと減農薬栽培でがんばっている農家の方もたくさんおられます。
風土倶楽部の「りんご」は、そんな農家を支えるリンゴでもあるのです。

おかげさまでりんごも好評をいただき、お取り扱いいただくお店も増えてまいりました。
みなさまにご愛顧いただきながら、とても心苦しいのですが、三鷹モールのネットショップは20日より、マイショップでは3月31日より、80g500円を550円に、40gは350円に値上げをさせていただきます。
今後も変わらず、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ラベル:干しりんご