2009年12月01日

今期、王林の発売を5日より開始します

今日も、東京はとても暖かいです。
お待たせしました。今期の王林を5日から発売します。
少しずつ出揃ってきています。
いくつかミックスしたドライフルーツの新しい商品も企画中です。
なんとか12月中の新発売をめざしています。
お楽しみに〜。

現在、製造を中止しているCerealですが、相変わらずお待ちくださっている方が多く、なんとか再開できないかと思案中です。
Cerealそのものの製造はそんなに大変ではないのですが原料と価格に大きな課題があります。
りんごのチップスをつくるのにすごく手間がかかります。
ひまわりの種を剥くのも、選別するのもすごく手間がかかります。
手間がかかるということは、コストがかかるということです。

おまけにスナック用のひまわりの種はほとんどつくられていません。
だから皮むきの機械もないのです。
欧米では、巨大な機械であっという間に製品になってしまうようです。消費量がすごいですからねぇ。

おいしいものはそこにあるのに、なかなかみなさんにお届けできない。
うー、悩みます。。。




ラベル:干しりんご

2009年11月09日

紅玉の販売を開始します

お待たせしました!
紅玉の販売を11月11日から開始します。
今期は、青森産の80gのみとなります。
価格は700円(税込)です。

kogyoku240.jpg

ほんのりピンク色のラベルに変わりました!
どうぞ、よろしくお願いします。

ラベル:干しりんご

2009年10月20日

今期のつがるの発売を開始しました!

お待たせしました!
今期のつがるの発売を開始しました。
ネットでお買い求めいただけます。
紅玉は11月6日には初出荷できる予定です。

10月24日(土)11:00〜17:00で表参道のブラウンライスで「WHOLE FOOD MARKET 収穫祭」が開催されます。
風土倶楽部も出店し、できたてほやほやの「つがる」、パリッとしいたけ、まごどさ(450g)、そして、漆のお箸やスプーンを持っていく予定です。

今回は、漆芸家の田代淳さんが、山形県真室川から上京してくれるので、「利き箸」をやってもらうことになっています。時間は14:45〜15:30です。お箸を使って、漆の話や漆器の使い方など、目からウロコのがんがん落ちる漆の話をしてくれます。

IMG_7124作業中.jpg

作業中の田代さん。
漆に親しむ絶好の機会です。

このほかにも、私が師匠と仰ぐ山形県白鷹町のすずき味噌店当主の鈴木徳則さんや、キッチンに欠かせない富士酢の飯尾醸造の飯尾彰浩さんなどのお話もあります。

また、ブドウの収獲にお邪魔させていただいた金井醸造場のワイン、東京朝市でもおなじみのなごみ農園の野菜、もぎ豆腐店の朝搾り豆腐などなど、おいしいものがいっぱい並びます。

ぜひ、ぜひ、ご来訪ください!
お待ちしています。




2009年10月13日

今期りんごの販売開始と価格改定のお知らせ

いよいよりんごの季節が始まりました!
岩手では早生種のつがる、青森では紅玉の製造に取り掛かっています。
今後の販売開始スケジュールをお知らせします。

つがる 10月下旬〜
紅玉  11月中旬〜
王林  11月下旬〜
むつ  12月上旬〜
ジョナゴールド、ふじ  12月中旬〜

収獲と同時に製造を行っているため、発売開始が早まったり、遅くなったりすることがあるかと思います。
その都度、こちらでお知らせしていきます。

つがるは、今週末の「土と平和の祭典」でほんの少し出せる予定です。
また、来週24日のブラウンライス(表参道)での収穫祭でも、販売の予定です。ネットショップでの販売開始は上記のスケジュールとなります。

なお、今期より価格を下記のように改訂させていただきます。

つがる、王林(岩手産のみ)、ジョナゴールド、ふじ
80g 650円
40g 420円

青森産紅玉、むつ
80gのみで700円

いずれも税込価格です。
順次、今期ものより、新価格でのご提供となります。
今期より、岩手産も昨年までのペレットストーブから薪ボイラーでの製造となり、より環境に配慮したものとなっています。
今期もまた、どうぞ、よろしくお願いいたします。
ラベル:干しりんご

2009年08月31日

青森産のふじとジョナゴールドが完売間近です

台風が近づいていますね。
東京は、朝から激しい雨が降っています。
各地で被害がなければいいですが。

明日から9月!
秋の気配が漂ってくるとなんとなく落ち着かなくなります。
そう、りんごの季節がやってくるからです。
今夏は天候が不順でしたから、出来具合がちょっと心配です。

今期のりんごはおかげさまで、王林とむつは完売。まもなく青森産のふじとジョナゴールドも完売です。
岩手産のふじとジョナゴールドはまだ在庫があります。
今期は、初めて年間を通してみなさまにご提供することができています。

新物は、10月下旬ぐらいからつがるが、その後、紅玉、王林、そして12月初旬にふじ、ジョナゴールドといった順番になります。

2009年07月29日

りんご速報

今年、3回目の青森に出かけていました。
まだ小さいけれど、青いりんごがたくさんなっていました。

これはふじ?見た目ではわかりませんね(笑)

2009_0728aomori0041.jpg


下草では、クローバーが満開。

2009_0728aomori0049.jpg


ミツバチが忙しそうに花から花へと移動していました。

2009_0728aomori0023.jpg


これは紅玉。

2009_0728aomori0103.jpg


もう色づいている気の早いりんごもありました。

2009_0728aomori0115.jpg

来期は、紅玉をいつもより多くつくりたいと考えています。
気候が不安定で少し心配です。無事に成長してほしいです。


ラベル:干しりんご

2009年07月01日

王林が今期終了間近です

今期分、最後の王林が入荷しました。80g20個でラストです。
むつが30個だけ在庫がありましたので、再販します。

ご購入は風土倶楽部のネットショップでどうぞ。
ラベル:干しりんご

2009年05月11日

むつが完売しました

ネットショップで販売しておりました青森産のむつが完売しました。
みなさま、お買い上げをありがとうございました。
甘みも酸味も濃厚なむつの味に驚かれた方も多かったかと思います。
来秋にまた、どうぞよろしくお願いいたします。

岩手産、青森産ともふじ、ジョナゴールドはまだ、十分在庫がございます。王林は徐々に残りが少なくなりつつあります。

ラベル:干しりんご

2009年04月26日

むつがまもなく完売です 王林も数が少なくなりつつあります

むつは、後、30個ほどになりました。
王林は、500個で終了です。
今期は、ふじ、ジョナゴールドについては岩手産、青森産ともにまだ十分在庫がございます。

「りんご」についてお電話でお問い合わせをいただくことが多くなっています。
ありがとうございます。

三鷹ではどこで買えるのかとよくご質問をいただきます。
事前に弊社宛のお電話をいただければ、先日、お伝えしたネットショップの発送を行ってくれている「そーほっと」さんの受付で代金と引き換えにお渡しすることができます。営業日は月曜から金曜となります。

また、お店としては、産業プラザ1Fの「そら」さんの棚に青森産のものを並べてあります。営業時間は12時から17時で、日曜祝日はお休みなのでご注意ください。

ファックス番号が変わりました。
0422−26−5071です。
こちらはファックスのみの受信となります。
ファックスでのご注文も可能です。
ラベル:干しりんご

2009年03月25日

「りんご」についてのお知らせ

桜の時期は、急にぽかぽか陽気になったり、冬に逆戻りしたり、雨が降ったりと落ち着かないお天気が続きます。
農作業はこれから徐々に忙しくなっていきますね。

今期はほんの少ししかつくらなかった青森産のむつが、あと100袋ほどで終了します。大きなりんごを8等分して乾燥させたので、最初は少し固めに出来上がってしまいました。ピースになっても、とにかく巨大。中まで乾燥させる間に、外側が固くなってしまうのをどうしたものかと悩み、10等分にすることにしました。少しスマートになったおかげで固さがとれたというわけです。
むつは、とても味の濃いおいしいりんごです。

mutu2.jpg

袋をかぶせると、↓この文字色のようなルビー色になるようです。

mutu.jpg

お馴染みの田所真理子さんのイラストですが、むつはかなりロマンチックな雰囲気です。
長野県松本市にある田所さんのお店 とギャラリーでもtadokorogaroでも、「りんご」に出会えますよ。

現在、風土倶楽部では、ふじ、ジョナゴールド、王林、つがる、紅玉、むつと6品種を扱っていますが、りんごによって大きさ、固さをはじめ、早生種、晩生種、保存がきくもの、きかないものといろいろ特徴があります。その特徴に合わせて、岩手も青森も乾燥作業を行っており、様子を聞くと常に「忙しいです!」と言われてしまいます(笑)
岩手も青森も、だんだん農作業が忙しくなる時期なので、今、乾燥作業も佳境に入っています。

さて、先日、リクエストいただいた恵文社さんへの王林の出荷ですが、27日到着予定です。たぶんこの週末からは店頭でお目にかかれるかと思います。念のため、お電話をされてから、お出かけください。

なお、欠品していました岩手産ふじ、王林、ジョナゴールドの40gですが、本日、入荷しました。


ラベル:干しりんご

2009年03月11日

ホワイトデーに「りんご」はいかがでしょう?

関西ファミリーウォーカーをご覧になったお客様から、「ホワイトデーにりんごをあげたいので、送ってもらえますか?」とお電話をいただきました。
友人からも、ホワイトデーに何を返すか毎年悩むんだけれど、今年は「りんご」にするから、送って!とのメールが。

2009_0303shohin0017.jpg

なるほど、みなさん、ホワイトデーのプレゼントに密かに悩んでおられるのですね(笑)
私は毎年、この時期はあちこち出かけた総決算ともいえる報告書作成でドタバタになってしまい、チョコを選んでいる暇もないというさみしーい冬真っ只中となるので、この悩みがよくわかっていませんでした。
確かに「りんご」はちょうどよいお返しになるかもしれません。
アダムとイブを象徴する「りんご」ですから、恋のキューピッド役にもなれるかしら?

青森から、「りんご」になる前のりんごたちの画像が送られてきました。雪の上でちょっと寒そう?

s-SANY0265.jpg

ショップをオープンして、昨日、初めての発送をさせていただきました。早速、ジョナとむつを間違えて入れてしまうというミスをしてしまいました。発送業務をお願いしているところがまだ、慣れておらず、申し訳ありません!ご利用されてみて、何か不都合なことなどありましたら、ご遠慮なくご連絡ください。


ラベル:干しりんご

2009年02月11日

青森産りんごを新発売

ついに青森産の「りんご」をご提供できることになりました!
かけす農場の市嶋豊さんの指導のもと、青森県鰺ヶ沢町のりんご農園「風丸農場」が取り組んでくれることになりました。
風丸農場のある鰺ヶ沢町は、日本で二番目に市民が出資して風車を建設し、風力発電を開始した町です。
「風丸」は、その風車から名前をもらいました。
農園主の木村才樹さん(左)、農也さん(右)兄弟も、出資した市民メンバーです。

2008_1204aomori0055.jpg

りんご栽培も、今は高齢化の波が押し寄せてきて、離農する人が多くなってきています。鰺ヶ沢町周辺でも、りんご農園に限らず、耕作放棄される田畑が目だって来ています。
木村さんたちは、少しでも田畑を維持していきたいと、白神アグリサービスという会社を立ち上げて、若い新規就農者とともに地域の農家を支える活動もしています。

そんな風丸農場が今回、「りんご」づくりで取り組んだのは、りんごの手入れの際に大量に出る剪定した枝を燃料にして乾燥させることです。

2008_1204aomori0020.jpg

青森産のりんごは、風丸農場のりんごを中心にできるだけ農薬を少なくしながら、栽培に取り組んでいる仲間のりんごを使用しています。
りんごは、栽培にとても手間がかかる農作物ですが、ほんの小さなキズがついていても値段が下がってしまいます。
今期は特に昨年、仕上げの大切な秋の初めに雹が降り、かなりりんごにキズがついて、産地としては苦しい状態が続いています。

おいしく育ったりっぱなりんごをなんとか無駄にせず、有効に活用したい、雪に埋もれる冬場の若い農業者たちの仕事をつくりたいと願う木村さんたちと、おいしいりんごを年中、ヘルシーなスナックとしてお届けしたいという市嶋さんと風土倶楽部の願いがようやく形になりました。
毎年、7月ごろに完売し、12月まで長くお待たせしてしまい、とても心苦しく思っていましたが、これでなんとか一年を通して、みなさまにお届けできるかと思います。

目下、岩手産のものとできるだけ品質を均一にするべく製造に励んでいますが、ストーブのパワーと製造の環境により、青森産は少し水分が少なめで歯ごたえのあるものに仕上がっています。

青森産のラベルはほんのりピンク色です。
イラストはおなじみの田所真理子さんによるものです。
ふじ、ジョナゴールドは岩手産のものと同じイラストですが、むつは新しく描いていただきました。
いかがでしょうか?

mutu.jpg

なお、青森産は80gのみとなります。
価格は、ふじ、ジョナゴールドは岩手産と同じ600円です。
キング・オブ・アップルと呼ばれるむつは、原料価格が高いため、650円となります。
なお、むつは今期の製造量が大変少なく、2月20日まではご登録いただいているお客様に優先的に販売させていただきます。

青森産のりんごも岩手産同様にどうぞよろしくお願いいたします。

2008_1204aomori0038.jpg

風丸農場でのりんご会議の様子。手前は市嶋豊さん。
女性は木村さんの奥さんの亜紀子さん。

初冬の農場での木村さん兄弟と市嶋さん(中央)

2008_1204aomori0058.jpg
ラベル:干しりんご

2009年01月10日

つがるが完売間近です

冷え込んでいますね。
風邪に気をつけましょう。と言っている私が、ちょっと喉が痛くて、今日は暖かくして、”ホットジンジャー”を飲んで寝ようと思います。

今期はじめて手がけたつがるですが、好評のうちに早くも完売間近です。今、三鷹モールにアップしている80gの4個で完売です。
みなさま、お買い上げありがとうございました。

1月下旬販売開始予定の青森バージョンは着々と準備中です。が、ちょっとずれ込んでいて2月初旬になりそうです。
とってもかわいいほんのりピンク色のラベルの色校正紙が出来上がってきました。
田所真理子さんのイラストは、ふじ、ジョナゴールドは岩手バージョンと同じものですが、むつは新しいイラストが入っています。

楽しみにしていてくださいね!

やはり三鷹モールで販売中のふじ、王林、ジョナゴールドは、今日まではちょっと余裕があったのですが、今日、たくさんご注文があり、少なくなっています。次回の入荷は21日の予定です。
ご予約も承りますので、ご希望の方はoffice*fudoclub.com(*の部分を@にしてください)までメールでお申込みください。お待ちしています。

ラベル:干しりんご

2008年12月27日

ふじ、王林がようやく揃いました

年の瀬も押し詰まり、ようやくふじ、王林が揃いました。
遅い!ですよねぇ。申し訳ありません。
みなさまからたくさんご注文をいただいたうえ、クリスマスやお正月のほかの商品の出荷も重なったようで、三鷹モールの作業が手一杯になってしまい、販売開始を遅らせてほしいとの要望もあり、いっそうお待たせしてしまいました。
1月7日ごろから、お届けを開始できる予定です。
青森バージョンのふじ、ジョナゴールド、むつは、1月下旬の販売開始をめざしています。

今年も、りんごをはじめ、たくさんのご注文をいただき、ありがとうございました。来年も、また、各地で見つけたよいもの、楽しいことや人をご紹介していきたいと思います。

食の危機、金融の危機、病院の危機、ウィルスの危機と「今、そこにある危機」ばかりのように思える日々ですが、こんなときだからこそ、大切にしたいと思えるものに寄り添い、自然の恵みに感謝しながら、毎日を過ごしていきたいと思います。

来年も、また、風土倶楽部と各地のお仲間たちをどうぞ、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

ラベル:干しりんご

2008年12月19日

王林とふじの販売開始時期について

いつも風土倶楽部オリジナル商品の「りんご」をご愛顧いただき、ありがとうございます。
ふじと王林がようやく出来上がりつつあります。12月下旬から、各地で置いていただいているお店の店頭には並ぶ予定です。
大変申し訳ありませんが、三鷹モールでの販売再開は、ご予約分で手一杯となってしまい、1月4日からとさせていただきます。

先日もお知らせしましたように青森県鰺ヶ沢町の風丸農場がりんごづくりに取り掛かっています。1月下旬ごろからはお目見えできるように進めているところです。こちらはりんごの剪定枝などを利用したストーブで乾燥させています。この「りんご」を考案したかけす農場の市嶋さんの指導のもと、岩手産のものとほぼ同じものが出来上がる予定です。

来年は岩手産、青森産ともに、どうぞ、よろしくお願いいたします。
ラベル:干しりんご

2008年12月15日

「りんご」の産地表示について

もうお気づきの方もおられるかと思いますが、「りんご」のパッケージの表示が変わりました。
「国産」としていましたが、今期から「岩手産」としました。

ss-つがる.jpg

今までも岩手県一ノ関市、藤沢市、紫波町、盛岡市のりんご農園のりんごのみを使用していることから、「岩手産」と明記することにし、徐々に切り替えています。
お手元には「国産」「岩手産」がしばらく混じって届く場合もあるかと思いますのでご了承ください。
底の白いラベルの表示は今期販売再開時からすでに「岩手産」と明記しています。

もう一つあらためて後日詳細はお知らせしますが、来年1月中旬以降から青森産のりんごが登場することになりました。
青森県鰺ヶ沢町のりんご農園の友人が、生産に参加してくれることになったのです。種類はふじ、ジョナゴールド、そしてむつです。
そちらはもちろん「青森産」となります。ラベルは基本的には同じですが、ほんのり赤味を帯びた色合いになる予定です。
仲間が増えることで、りんごの種類も増えて、“りんごファミリー”がにぎやかになります。

2008年11月21日

申し訳ございません!ジョナゴールドの買い物かごが開いていませんでした

みなさま
申し訳ございません!!

三鷹モールのジョナゴールドのお買い物カゴを開けておりませんでした。システムの解除をしたつもりになっていました。
解除しましたので、お買い求めいただけます。
ラベル:干しりんご

2008年11月19日

ジョナゴールドの販売再開のお知らせと新規お取扱店のご紹介

お待たせいたしました!
「りんご」のジョナゴールドの販売を開始いたします。
25日に入荷予定なので、今、お申込みいただくと25日以降のお届けとなります。

つがるは、後、500個足らずとなりました。今期初めてのつがるをぜひ、一度味わってみてください。
4種類のりんごの特長については、このブログのこちらにアップしています。

新しいお取扱店のご紹介
神奈川県横浜市鶴見区の「雑貨と器 遊土」さんです。
2008_1108yudo0012.jpg

先日、いつも東京朝市・アースデイマーケットに一緒に出店している桐山三智子さんの炭アクセサリーなどの「Katakata展」が開催されたお店です。

2008_1108yudo0010.jpg

この日の主役は桐山さんの炭アクセサリーでした。

とても素敵な雑貨と器のお店です。私がお訪ねしたときには、大好きな粉引きの器がたくさんあって、ワクワクしました。
Katakata展でりんごとまごどさを置いていただいたところ、どちらも大好評で継続してお取扱いただけることになりました。

住宅街の緑あふれるカフェギャラリーでゆったりとしたひとときはいかがでしょうか。

ラベル:干しりんご

2008年11月14日

りんご4種の特長

岩手県紫波町から、採れたての「ふじ」を送っていただきました。この蜜がたっぷり入ったりんごも、「りんご」の原料として使わせていただいています。

2008_1114ringo0007.jpg

ただ、「りんご」の原料は生食用としては、ちょっとキズがあったり、形が整っていないものを使用しています。だから、収獲がすべて終わって、選果をしてから入手し、それから製造にとりかかるので、みなさんにお待ちいただくことになってしまいます。

ジャムやジュースなどの加工用と、生食用の間を取り持っているのが「りんご」といえます。丹精込めてつくられたりんごを少しでも無駄にせず、価格維持をして、りんごの栽培を続けて欲しいとの思いからです。りんごづくりはとても手間がかかり、りんご農家も高齢化で離農する方が後を絶ちません。

よくりんごの品種の味の違いをお尋ねいただきますので、「りんご」に使用している4品種の特長をまとめてみました。

ふじ
国光とデリシャスの交配品種で日本で品種改良されたもの。りんごの王様ともいわれる世界的な品種となっています。甘さが強いのが特徴で果汁が多く、果肉に蜜を持ちます。

王林
ゴールデンデリシャスと印度の交配品種。独特の風味をもち、果汁が多く、酸味は弱く、甘みが強いです。

ジョナゴールド
アメリカ・ニューヨーク州立農事試験場で生まれたゴールデンデリシャスと紅玉の交配品種。酸味は紅玉ほど強くありませんが、甘みと酸味がしっかり味わえます。

つがる
青森りんご試験場で生まれました。交配したときにゴールデンデリシャスの相手となった品種がわからなくなり、1990年に弘前大学による遺伝子診断で紅玉と判明。ジョナゴールドと同じような生まれですが、こちらは早生種です。弱い酸味が甘さを引き立ててくれます。

その年の気候に、あるいは農園の土壌や作り手によって、りんごの味は微妙に変化します。ぜひ、いろいろ食べて、楽しんでみてくださいね!

りんごには消化を助けるカリウム、腸を整えるペクチン、脂肪を取り除くりんご酸、美肌に、そして風邪予防の働きをするビタミンC、そして、食物繊維がたっぷりです。
ラベル:干しりんご

2008年11月10日

りんごの販売開始が少し早まりそうです!今期、紅玉の受付は終了です

りんごの販売開始を少し早めることができそうです!
パッケージングにお手伝いの人手が確保できたという連絡がありました。

つがるは11月20日〜、ジョナゴールドは24日の週からお届けが可能になりそうです。

残念なお知らせは紅玉です。入手を予定していた原料がかなり少ないことが判明。現在、お受けしているご注文で今期は終了となります。申し訳ありません。
ラベル:干しりんご