2013年10月01日

歯がため・・・ふわっふあ、ぱりっ!

なんと10月です。
ついに10月です。
あと3カ月で2013年が終わっちゃいます。

先日、三重県名張市にお仕事に行ってきました。
今年の1月に、同市の錦生地区で「家庭料理大集合」を久しぶりに実施しました。
そのときに視界にあったのですが、つい見た目がお餅みたいだったので後回しにしていたら、なくなってしまい、ずーっと気になって、気になって仕方がなかった地元のお菓子「歯がため」。

RIMG0179b.jpg


そして、ついに出会えました!

ほらね、普通の焼いたお餅みたいでしょ。
ところが違うのです。

RIMG0008.jpg


原型は、このお皿の上にあるぺたんこの色つきのもの。
なんだ、かき餅?

違うんです。
このぺたんこのものを焼くと、むくむくと膨れます。
中は、こんなふうにふわふわ。

RIMG0011.jpg


この原材料は、もち米と砂糖と塩、ごま、そして、呉汁!
もちを搗き、材料を入れて、よく混ぜる。
混ざったら、小さく切って乾燥させます。
カチカチになるまで、約20日間ほど。紙の上に並べて何度もひっくりかえします。

という、とても手間と時間がかかった、まさにスローフード。
かつては、子どもの成長を祈って、噛む力を強くするために乳飲み子に食べさせたそうです。

クセになるふわふわパリッの歯ごたえ。ほんのり甘いなんともいえない癒し系のお菓子です。
壬申の乱の舞台にもなったほど、早くから歴史の舞台になった名張。
いつのころから、食べられていたのでしょうねぇ…。





posted by fudo at 18:32| 風土倶楽部とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

風土倶楽部のお作法

○私たちがモノを選ぶ基準は次の3つです。
自然に負荷をできるだけ与えないこと、自然に還ること
つくる人、使う人のからだも心も気持ちいいこと
地域も人も、みんな元気になること


そして、風土倶楽部のお作法として次のことを大切に考えています。

季節のめぐりに敏感になります

 自然の速度に寄り添います

 その土地に生きた人々の声に耳を傾けます

 おいしいもの、楽しいことはみんなで味わいます。

 学んだことは、暮らしに活かす努力をします。


posted by fudo at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 風土倶楽部とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風土倶楽部とは?

風土倶楽部を運営・プロデュースするローカルジャンクション21は、日本各地で地域づくり、村おこしに関わってきた仲間たちで立ち上げました。
「ところ変われば品変わる」ではないですが、それぞれの地域は、それぞれの個性をもち、多様な風土と多様な暮らしがあります。

風土倶楽部のシンボルマークは次の4つです。

light1Scm.jpg wind1Scm.jpg

water1Scm.jpg earth1Scm.jpg

地域の個性とは、突き詰めればその土地をみたす風、土、水、光の4つの要素によって育まれています。風向きや風量、土質、雨や雪の多い・少ない、川の様子、日差しの強弱などなど。それによって、そこで生きる植物のありようが決まり、自ずとそこでの生業や暮らし方、つまり生活文化が変わってきます。一つとして、同じ地域、同じ文化はないのです。

消費社会を極める東京には全てがあるようで、実は選択肢は狭まっているのではないか。そんな疑問から、それぞれの土地に根ざした個性あふれる「いいもの」をおすそ分けしたいと思うようになりました。
どれも数が限られた生産量なので、なかなか店頭に並ぶような流通経路には乗りませんが、だからこそ紹介していきたい。
そんなことで「少しだけおすそ分け」が始まりました。

風土倶楽部で日本各地のスローフード、スローライフをお楽しみください。

posted by fudo at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 風土倶楽部とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。