2013年09月17日

八重山なら、かつおでしょ

石垣新空港は、3月7日に開港したばかりでぴっかぴかです。
飛行機の発着時間が重なると、レストランはかなりコミコミになりますが、ちょっと待っていれば、座れます。
スターバックスもあって、かなり居心地がよいです。

到着して、遅めのランチをとることに。
すると、かつお丼 500円!が目に飛び込んできて即決。

が、この時点で、実は八重山のかつおを侮っていたので、食べた丼の写真はなし。
お箸をつけてから、ん!ん!!おいしい!!!
となったので。
お腹が空いていたので、あとは夢中で食べちゃって、あ、写真を撮らなかった…と気づきました。

ならば、せめて看板だけでも、と撮りにいったら、なんと「入荷待ち」の貼り紙が!

DSC_0069.jpg


食べられてラッキーだったみたいです。

八重山でのかつお漁は、明治中ごろから、戦後の一時期までは八重山水産業の中心をなすものでした。かつては鰹節の製造も行われていました。今は、パヤオ(回遊魚が流木などに集まる習性を利用した漁法)で釣り上げたカツオが地元で消費されています。

八重山の新鮮なかつおを、ぜひ、味わってみてください。

posted by fudo at 18:12| 土に着け 風に聞け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする