2009年12月09日

社会的企業とは…

昼間はまだ暖かいけれど、夕方になるとどんどん冷え込んできています。
冬、ですねぇ。

今日は、環境省の事業の一つとして現在制作されている「エコな事業型NPO、社会的企業になるためのポイント集(仮称)」の取材の方が来られました。
ローカル・ジャンクション21というNPOから生まれた風土倶楽部は、事業型NPOから社会的企業へと転換したので、一つの事例として取り上げたいとのことでした。

環境保全のために活動しているNPOが事業やビジネスを行うことができるように、NPO内部の組織体制や経営・マネジメント能力を向上させたり、行政や企業との協働でビジネスを進めていくためのノウハウ集です。企業は、みんな社会的企業であるはず。なのにわざわざそういわなければならないことにいつもちょっとひっかかります。

うちが事例でいいのかなあ…と思いつつ、これまでの経緯などをいろいろお話ししていたら、「ずっと一筋ですね」と言っていただきました。そう聞こえたとしたら、なんだか申し訳ないです。日々、悩みながら、右往左往しながら、ときには大きくぶれそうになったりして、なんとか過ごしているだけ。

私はわからないこと、困ったことが起きたら、独りで悩まず、すぐに大騒ぎして仲間に聞きまくります(笑)「どうしたらいいの?」って。みんな、こうしたら、ああしたら、と一緒に考えてくれます。つくづく有りがたいと思います。
ここまでなんとかこれたのは、今、なんとかやっていけているのは、いいネットワークの中にいること、よい仲間がいること、よいお客さまに出会えていることだと思います。

たくさんの環が重なりあって、つながりあって、支えあう。小さいからこそできること。これからも、たくさんのつながりを大切にしていきたいと、この10年を振り返りながら、あらためて思いました。





posted by fudo at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲載されました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。