2009年06月20日

まごどさが「ふでばこ」に掲載されました

片品村の畑での農作業で2日間筋肉痛で悩まされました。運動不足が響きます。。。

2009_0618abura0001.jpg片品では採れたて新鮮野菜を「まごどさ」でしっかりいただいてきました。その「まごどさ」が発売中の「ふでばこ」のあぶら特集で巻頭ページを飾っています。

老舗メーカーではなく、新参の地あぶら工房さんがなぜ巻頭ページ?とちょっと不思議に思いページをめくってみたところ…。

農家が栽培し、搾っていた時代から、今では輸入に頼る現実。かつては当たり前にあった菜種油をもう一度暮しの中に取り戻そうと始めたのが地あぶら工房のみなさん。自分たちの畑でつくった菜種を自分たちで搾り、畑に返す。工房は自分たちの力で立てたもの。当たり前の普通のことが一番難しい時代にみんなで力を合わせて取り組んでいる彼らを取り上げることで、油の位置づけを明確にしたかったのではないでしょうか?

私も、おいしさはもちろん、そんな地あぶら工房のみなさんの取組みが大好きだから、風土倶楽部でご紹介しています。

特集には、「見える油と見えない油」と以前から気になっていた情報や「京都であぶらの文化遺産をめぐる」という記事もあり、かなり役立つ内容となっています。
書店でみかけたら、手にとってみてください。
工房のみなさんの笑顔が素敵ですよ。

2009_0620abura0004.jpg



ラベル:なたね油
posted by fudo at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。