2009年03月22日

千客万来の東京朝市

昨日、開催された東京朝市・アースデイマーケットは、お天気がよかったためか最高の人出でした。
おかげさまでいつもとほぼ同じ量の商品を持参したのですが、2時ごろには完売してしまいました。その後にご訪問いただいた方々には申し訳ありませんでした。
リニューアル以来、初のお目見えだったCerealは、試食していただいた方みなさんに「おいしい!」と言っていただけました。

2009_0321asaichi0005.jpg

2009_0321asaichi0009.jpg

今回、風土倶楽部に参加してくれたのはおなじみの雨読晴耕村舎の後藤さんと、ひゃくねんたんぼの谷川農園の谷川さんです。
後藤さんたちが庭のこぶしの花枝や花を持ってきてくれたので、うちのブースは春爛漫!
みなさんにお買い物を楽しんでいただけたのではないでしょうか?
花の後ろにいるのが後藤さんです。半農半建築家で、昨年末には「これなら誰でもできる日本の杉で小さなお家」(農文協)を上梓されました。

後藤さんのバジルソースは相変わらず大人気でした。
来月は残念ながら、農作業が忙しくなるので後藤さんも谷川さんも来られませんが、昨年、最後につくったものがまだ少しあるということなので、来月12日の朝市では、うちのブースで販売の予定です。風土倶楽部のネットショップでも販売を明日から再開します。遮光の瓶を使用しており、賞味期限は今年10月です。

谷川さんの無農薬栽培によるお米も大人気でした。私は、日本ではまだとても珍しいインディカ米のサリークィーンを購入しました。
後藤さんによると、玉ねぎを炒めて、一緒に炊き込むととてもおいしいとのこと。カレーやピラフにも使ってみようと思います。
こちらの商品をご希望の方は、事前にご予約いただければ、次回の朝市の際に現地でお引渡しも可能です。あらためてこちらでご案内させていただきます。
1.8kg 2000円

2009_0321asaichi0013.jpg

今回は、風土倶楽部オリジナル味噌を仕込んでもらったりしている山形県白鷹町の鈴木味噌店4代目で山形スローフード協会専務理事の鈴木徳則さんをはじめ、いろいろな方が次々と訪問され、とても賑やかな、楽しい一日でした。

来月もまたお天気がよい朝市でありますように。
みなさん、お待ちしております。


ラベル:東京朝市
posted by fudo at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日はお世話になりました。

朝からの準備で夕方にはエネルギー切れ。
カラータイマーが鳴ってしまい一番大事な打上に参加できずに申し訳ありませんでした。

今日は、逃げ出し隣の畑にいたずらした山羊のムー君のおわびに隣のおじさんのところに。

こんな毎日です。
Posted by 雨読晴耕村舎 後藤 at 2009年03月22日 12:08
こぶしやお花をありがとうございました。おかげさまで春を満喫しながら、みなさんとの出会いを楽しめました。

山羊のムー君をいつかお連れくださいね。きっと人気者になりますよ。
近々、ムー君にも会いに行きたいと思います。
Posted by 風土倶楽部店主 at 2009年03月22日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。