2009年03月08日

まごどさと富士酢の幸せな出会い

独自ショップをオープンして、毎日、ドキドキです。ご注文や会員登録をありがとうございます。新米店長ですが、生産地ともども、よりよいものをお届けできるように努めたいと思います。今度とも、どうぞ、よろしくお願いします。

金曜日は土砂降りのお天気でしたが、菜種油「まごどさ」の作り手である工房地あぶらの小野寺さんが上京されていたので、ご一緒に表参道にあるブラウンライスさんでランチをいただきました。サラダには「まごどさ」と「富士酢」を合わせたドレッシングが登場!お店で出していただけるなんて感激です!

2009_0306irokawa0031.jpg

オリーブオイルだと、どうしても和食にはちょっと合わないと感じるときもあります。「まごどさ」と「富士酢」のブレンド具合が絶妙なことと野菜が新鮮なためもあり、とってもおいしかったです。

みなさんも、ぜひ、お試しくださいね。

ランチのいなりセットの油揚げはもぎ豆腐店のもの。お味噌は鈴木味噌店のもの。そしてまごどさや富士酢。どれもみんな、うちのキッチンにあるものばかり。そのせいでしょうか。ここでお食事をいただくと、ほんわかした気分になれます。もちろん私がつくるお料理よりも、ずっとおいしいですし(笑)

2009_0306irokawa0033.jpg

思わず、りんごのタルトと穀物コーヒーもいただいてしまいました。
おなかはいっぱいになるのに後が軽い。
ゆったり、のんびり、ほんわか。そんなひとときでした。

「まごどさ」も「富士酢プレミアム」もブラウンライスでもお求めいただけます。
もちろん風土倶楽部のネットショップでもお取扱しています。

shop3.jpg




ラベル:なたね油
posted by fudo at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。