2008年09月15日

米粉 食べていますか?

今回の朝市で販売してみた米粉のヴィスコッティについて、いろいろ考えてみました。

2008_0910mamuro0005.jpg

かつては米粉といえば、お団子でした。
クズ米をお団子にして、余すところなく貴重な米を食べた先人の知恵です。

今は小麦が高騰していること、米余りが続いていることなどから、米粉をパンやお菓子、麺類に活用しようという取組みが、農水省が推進するなどして積極的に行われています。
米粉と小麦粉の大きな違いは、米粉のたんぱく質はグルテンを生成しないことです。

にもかかわらず、パンにしてみようというのですから、いろいろ工夫が必要になってきます。
米粉だけではふっくらさせることができないので、グルテンやタピオカ粉を混ぜてつくることが多いようです。
米は固いので小麦のように細かく製粉することが難しく、今のところ、大手メーカーでしかできないそうです。
そんなことから、小麦粉の価格があがっているとはいえ、米粉の価格は未だに小麦粉の2倍ぐらいしていて、原料米のコストダウンが課題という見方もあります。でも、それでは、せっかくの米農家の収入を補う可能性をつぶしてしまうのでは?と、ちょっと心配です。

朝市では、小麦アレルギーのお子さんがいらっしゃる方に注目していただきましたが、残念ながら卵を使っていたのでだめでした。
そのほかのお客様は、米粉といってもどんなものかイメージできないようで、むしろ「ヴィスコッティ」というお菓子そのものに興味を持っていただけたようです。

私は米粉なら、ベトナムのフォーやタイビーフン、冷麺など、エスニック料理でおなじみになった米粉麺の食べ方をもっと考えた方が面白いように思います。スーパーなどでは、案外、見かけないですが、地方に行くと、このところユニークなものがちらほらあります。
先日、レポートしました島根県益田市では、こんなゆずらーめんに出会いました。

DSCF9191.jpg

これは看板を見ただけ。どんな味なのか、興味深々だったのですが。
道の駅「サンエイト美都」で食べることができます。

DSCF9247.jpg

これは懇親会のときにいただいた柚子こめ冷麺。
おいしかったです。
味が濃いという感想の人もいました。
次回、訪問したときには買ってみようと思います。

2008_0915asaichi0050.jpg 2008_0915asaichi0051.jpg

これは山形県の庄内でつくっている米麺。
スープなどはついておらず、麺のみです。
急に思い立って、今日は石川県の魚醤いしるベースのスープでつくってみました。
焼きビーフンの方がよかったかも(笑)

ビーフンって、どこかなつかしい味がするのはどうしてでしょうね。
高齢化する中で、いけそうな食材に思えるのは私だけでしょうか・・・。


ラベル:農業 東京朝市
posted by fudo at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食の未来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。