2008年09月13日

万願寺唐辛子の炊いたん

飯尾醸造の飯尾彰浩さんから、
「万願寺唐辛子がぎょうさん採れましたんで送ります」といううれしいご連絡がありました。

到着!

2008_0912nya0007.jpg

万願寺唐辛子は京都の伝統的な野菜として京野菜に指定されているもの。京都府舞鶴市がふるさとです。関西人にとっては馴染みのある野菜ですが、関東ではあまりないかもしれませんね。

ありがたいことに「万願寺唐辛子の炊いたん」というレシピ付きです。
早速、料理に取りかかりました。

厚手の鍋にへたをとった万願寺を入れて、なたね油「まごどさ」でゆっくりじっくり炒めます。

2008_0913nya0009.jpg

水分が出てしなっとしてきたら、さしすせそ順に少しずつ調味料を入れていくだけ。
砂糖は、先日北海道で買ってきた甜菜糖、塩はほんの一つまみだけ、醤油は弓削多醤油、味醂は白扇酒造の本みりん、そして酢は富士酢プレミアムを使いました。
これでおいしくならなければ、よほど私の腕が悪い…。

2008_0913nya0011.jpg出来上がり!
あまりきれいに撮れていないので小さい画像ですみません。

おいしいです!
マイルドな酸味が加わることで、すべての味覚の要素(甘、塩、苦、酸味、旨)のバランスが整うそうです。
これだけで十分おかずになってしまいました。
残ったものは冷凍に。
当分、楽しめそうです。




ラベル:なたね油 醤油
posted by fudo at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 調味料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。