2008年06月19日

奈良県奈良市 くるみの木

りんごとCerealを置いていただいている奈良県奈良市のくるみの木を訪問してきました。
奈良駅からバスで10分ほどの、ごく普通の道路を横に入っただけでこんな世界が出現!

e-2008_0617hyougo0074.jpg

e-2008_0617hyougo0066.jpg

もうそこからは、くるみの木ワールドです。

あ、いました、いました。

e-2008_0617hyougo0048.jpg

e-2008_0617hyougo0054.jpg

ほかにも、お馴染みさんでは「かぞくのじかん」で少し触れた北海道の地豆を専門に扱っていて、アースデイマーケットでもお仲間のべにや長谷川商店の豆たちもいました。
いつの間にか小さな輪があちこちで重なり合って、つながっているんだなあとうれしくなりました。

e-2008_0617hyougo0069.jpg

緑に覆われてひんやりしたカフェは、ゆったりした時間が流れ、とても落ち着きます。
奥にはバッグや靴、服なども置いてあります。

e-2008_0617hyougo0059.jpgオーナーの石村由紀子さんは何冊か本を出されています。
こちらは出たばかりの「季節をビンに詰め込んで 果実酒のはなし」(主婦と生活社刊 1300円)です。

e-2008_0617hyougo0056.jpgこんな本も。
「奈良のたからもの」(集英社be文庫 800円)
石村さんの目を通した奈良の魅力が紹介されています。
昼なお薄暗い春日大社の「ささやきの小径」は次回、ぜひ、訪れてみよう!
手づくりのジャムが入ったブルーベリージュースを飲みながら、まだ観ぬ奈良に思いを馳せた昼下がりでした。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。